ギャラリー・トーク

このサイトは画家・前島隆宇の「絵画の世界」を通じて美術のあれこれを語りたいと思います。
語り部は敦子と申します。よろしくお願い致します。。。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 待たれる出版その2  ミラーイメージへの見解も兼ねて | main | 熊本地震で >>

泡だてコーヒーは長寿の元?

 写真はネスプレッソ・メニューより


私のコーヒー偏好質は今に始まったものではないですが、主人はお酒の方がより好きなので、(私はどっちも好き)飲み過ぎると心配していました。40年前ドイツで具合が悪くなった時、「コーヒーは飲み過ぎると身体に毒でしょう?」なんて聞いていましたね。すると「いや、大いに飲んで欲しい。血の巡りにいい」とドイツ人医師に言われて、それから何も言わなくなりました。
 
 十年前から愛用していたネスプレッソのマシーンが調子が悪くなって居た所へ、会社から「かねてのご愛顧に応えて、マシーンを半額でお分けします」と来て、『しめた!』とばかり申し込み。所が一人用にはでか過ぎる泡だて器が付いていて、之が無きゃもっと安くなったろうにと思った次第です。

それとは別に、或るレストランに入った時、セルフ無料の飲料にカプチーノがあって、よそのお子さんのやり方を見ていて、私も真似たらその激しい蒸気と熱気にビックリ仰天。所がそれが馬鹿に美味しくて、少々あなどっていたのが、認識改め。それからコーヒー店に入ってはカプチーノ、カプチーノ。でも何故か満足しなかったのです。
  
 所が皆さんも視られたと思いますが、NHKの昨年11月の「ためして、ガッテン」での放送でしたが、地中海ギリシャから200キロのイカリア島、長寿の島と云われ、8000人の人口で100人以上が90歳以上だそう。9万人の追跡をしての結果、それが毎日の3杯4杯のコーヒーにあるらしいと云うものでした。
 そしてスタジオでも、インスタントのコーヒーでも美味しくなると云う実験結果を見せてました。ネットで調べた、インスタント粉小さじ2を250ボトルに入れ、水30mlを入れシェイクし、グラスに注いで砂糖小さじ1、牛乳150で軽く混ぜ、飲むと云うもの。「へえー?」と思ってやって見たら、確かに美味しいです。

 でも冷たいのが傷。そこで私は我流でインスタントで美味しければ、粉末コーヒーなら尚よかろうと思いつき、攪拌器でミルクを泡だて膨らまし、熱いコーヒーを入れて飲んで見たら、何とカプチーノじゃありませんか。此処でもビックリ仰天。かねて、ネスカフェマシーンのカプセルの美味さにはとてもかなわないと思っていた、粉末コーヒーが、ミルクを泡立て注いだだけで、ガッテンのしん輔さん同様に「ね、美味しいでしょう!」と叫びたくなる位美味しくなるのですね。
 そこで私は途端に、不要のあのでか物泡立て器にハタと気付き、「こりゃ、カプチーノになるわ」と思い、それからは粉末コーヒー愛用、ミルクを泡立て器で朝からカプチーノ、カプチーノと相成った次第です。長寿を全うするかは、分かりませんが、愛好するカプチーノをたやすく発見して、もう感激の極み。ネスプレッソさんに感謝、感謝です。その代わり、カプセルコーヒーの消費は少々減ってきましたけどね。(笑)
 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimakoatsuko.jugem.jp/trackback/1640260
この記事に対するトラックバック