ギャラリー・トーク

このサイトは画家・前島隆宇の「絵画の世界」を通じて美術のあれこれを語りたいと思います。
語り部は敦子と申します。よろしくお願い致します。。。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドイツ人ユルゲンさんとの遭遇 | main | ドイツ人ユルゲンさんの話 NO2 >>

29年の始まり

明けましておめでとうございます。と云っても早や2月ですが。
昨年は「たづくり」の前島アトリエの同人展覧会で会員の方の稀に見る個性豊かなオリジナリティは好評を浴び、嬉しいの一言でした。我田引水ではありませんが、稀に見ると云うのは、日本で絵画研究所は数多あろうとも、これ程それぞれの会員さんが個性的で、オリジナリティに富み、しかも技術的にも卓越した技術を駆使している粒揃いのお教室は無いと思います。と客観的な感想を表する事の出来る皆さんです。

又この度は前島の大作も一室を設けて展示して頂き、思わぬ返り咲きの好評を得たのは有り難い事でした。企画して下さった会員の皆様に感謝致しております。
>            前島の年賀はがき       柴田さんの展示作品


又新年となって、年賀はがき沢山有難うございました。只年々年老いた?方からの年賀が届かなくなりました。それが淋しいです。何時までもこちらは若いと云うよりは、まだまだ現役と云う信念がありますが、それも何時までで続けられるものか、全く予想出来るものではありません。でも現在がこれ総てと云う意気込みで生きがいをこなすのみです。

所で、年賀状に依る活性源として、関西に居る甥達の家族の赤ちゃんの写真が、とてもかわいらしく、極めて新鮮な活力をいただけました。長男は幼子の年児、二男は双子、誠に賑やかな活性源を視る思いですね。それをここでお見せ出来るのをお許し下さい。矢張り世代はこんなに続々と変わって来ているのですね。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimakoatsuko.jugem.jp/trackback/1640265
この記事に対するトラックバック